FC2ブログ

いざ日本一へ DeNAベイスターズ

横浜ベイスターズへの日々感じた事への独り言です。相互リンク歓迎です。

ヤクルト戦、勝ちこせるんやろか?

2018.08.06 (Mon)
こう毎日、毎日、四球を出しては、それが点になり、こちらは四球を選べなくヒットも打てない試合見せられたら、見る気うせるべ。

一つ覚えの早打ちもええけど、この暑さ、投手は何をされたら嫌なのか理解せなあかんやろ?
見てるだけで、うちの投手、終盤、1アウト取るのに、ごっつぃ苦労してるのに、相手投手には、うちは簡単にポップフライやら併殺やらで、なんの工夫も感じられへんやろ?しかも早いカウントのおまけ付き、粘る、そして四球をもぎ取るいう概念ないんやろか?

こういうことしてたら勝たれへんやろ?そないに戦力が豊富やないねんから。
だけど最近、痛感してんけど、これだけ暑いと選手疲れるやろな。だったら控えの選手がどれだけ一軍選手に近いか?それが強いチームってことになるんやろうなぁ。

乙坂落ちたけど、楠本かな?俺は楠本上げて欲しいけど、関根?それとも山下?今、柴田、有り体の話、まだプロの球速にはついていってへん感じやな。それをファールに出来るレベルにまであげなあかんは。当てることもでけへんからなぁ、現状。

楠本の場合、上げて仮に結果出なくても、その経験、来期以降に活きるからなぁ。繰延資産的な・・・・

幸い、まだ諦めんでもええやろうけど、昔やったら、もうこの時期、諦めて若手だしとったことあったからなぁ。

あのそういえば、シー寸前に騒がれてた笠井なにしてるんやろ?ファームでも登板ないんとちゃうん?
田村先日みたら、セミトルネードやったけど、結構、中途半端感満載やったなぁ。あれだったら体勢的に無理が生じてまうんじゃうの?

あと倉本の振り子も中途半端な感じやなぁ、あれやったら、一度、師匠の一本足にした方がええんとちゃうん?まぁ、俺も適当感、甚だしいけどなぁ。人それぞれ、合うフォーム合わないフォームあるんやろうから。坪井さんの入れ知恵なんかな?だったら徹底的に教えてもらえばええんやろうけど。

兎に角、ヒットが打たれへんのやったら、どうやったらランナーになれるか考えなあかんやろ?ハマスタの暑さを逆に利用するくらいやないと、あかんやろ?
逆にホームで自分たちが暑さでバテてどないするねん?そやけど、これ例えばドームをホームにしてるチームって有利なんとちゃうん?そう思うの俺だけ?ほんま、死のロードになってるからなぁ。ハマスタで試合が多ければ多いほど。

相手投手の心理状況考えるだけで、トータルしてだいぶ違ってくる思うねんけどなぁ。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
応援よろしくお願いします
スポンサーサイト

コメント

Re: No title
> ご無沙汰しております。
> 何の信念も裏付けもない、ラミレス野球は既に破たんしていますよね・・。
> スモールベイスボールだの、ファーストストライクを打てだの、最近じゃ出塁率を上げろと、まさに支離滅裂状態・・。脳みそパンクしてますね・・。
> 早い所、休養させて来期に備えないと本当にマズイです。選手のモチベーションも見るからに低下してます・・。原さん?谷繁さん? 宜しくお願い致します。


ラミレスさんは間違えてなく信念をもってやってるんですけど、岡目八目で、どう考えてもおかしいですよね。
これだけ暑くて投手がアップアップな状況で、どんどんうっては勝てるのも勝てないでしょう。
素人の考えですけど、2ストライク取られる前に、どんどん打っていっても取られた後に打っても理論上の確率は同じやと思うんですけどね。あくまでも理論上ですけど。
あと、伊藤捕手の時、大量点を奪われてますけど、これって、あれだけ投手に分りやすい構えして、こらだけ情報化社会の中、どうなん?って感じです。
打者もどこに投げるかを分れば打てる確率が高まる訳ですし、構えながら目は捕手にチラ見することも可能ですからね。
あとヤマヤス、なんか癖でも出てるんでしょうかね?なんか、打者、もう余裕を持って見逃してる場面があるんですけど。
まぁ、いろいいろと分析しようと思ったら癖なんてすぐ分ることですからね。

原さんは、外様なんで、あまり好きじゃないですね。そんなこと言ったら、ラミレスも、中畑もってことになりますけど。
No title
ご無沙汰しております。
何の信念も裏付けもない、ラミレス野球は既に破たんしていますよね・・。
スモールベイスボールだの、ファーストストライクを打てだの、最近じゃ出塁率を上げろと、まさに支離滅裂状態・・。脳みそパンクしてますね・・。
早い所、休養させて来期に備えないと本当にマズイです。選手のモチベーションも見るからに低下してます・・。原さん?谷繁さん? 宜しくお願い致します。

管理者のみに表示

トラックバック