FC2ブログ

いざ日本一へ DeNAベイスターズ

横浜ベイスターズへの日々感じた事への独り言です。相互リンク歓迎です。

指定期間 の記事一覧

薄氷の一勝、これは大きい。

2013.04.30 (Tue)
井納はいい球をもっているんですけどね。いかんせん勝負所で球が高めに行き過ぎですよ。

あとなんで、1割バッターのW田中に、そう簡単に打たれてしまうの?

特に1番の田中に2本のタイムリーは2本とも初球の甘く入った高めのボール。田中が3割打者に見えて仕方なかったですよ。う~ん、ここらへんなんですよね。

あと投手にヒットを打たれたり2ストライクまで追い込んでいるのに簡単にバントさせすぎ、勝ってないから余裕を持てないというスパイラルに陥るんですよね。

今日あたり負けたら2軍に落とすという事を示唆されてましたけど、もう一度くらいチャンスはあるのか?

打線はブランコ相変わらず好調ですね、形的にはブランコの前にランナーを出すという形が出来てきたので、これ維持してほしいですね。

ただ1・2番、疲れているみたいですね、昨日、今日と元気がないみたいです。

逆に下位打線が元気で松本、金城が元気です。奇しくも開幕のスタメン外野手が全員入れ替わっている状態で、入れ替わったメンバーが好調を維持しているという状況です。

8回の裏、打者、山口に代えてラミレス、これはこれでいいと思います。方程式が一つに固定されるよりもパターンを増やした方がいいかもと思います。実際問題、8回、山口、一番出してはいけない先頭打者の四球を、いとも簡単に出しちゃうんですよね。結局、スコアリングポジションに簡単に進められて、あと一本まで追い込まれてしまいましたから。

ここらへんなんですよね、ヤクルトさん、ランナーを簡単にセカンドの進めるという強さの秘訣。
こういうボディブローが効いてくるんですよ。実際問題、本日もあと1本打たれていたらという場面が何度もありましたから。分母がおおければ確率も上がりますよ。

これ本日もそうでしたけど、昨日に続き初回の先頭打者に出してしまい、それが点に結びついてしまいましたからね。ここらへん直さなあきませんよ。

でもってソーサーがアップアップでした。これ心配、前回、前々回、点を入れられているんですよね。
今回も先頭打者、ピッチャー強襲でかろうじてアウトにしました。出てたら、そうとうやばかった。
そして次のミレッジにレフト前ヒット、1死1塁、さてここからがソーサ劇場の開演です。
バレンティンに初球のスライダーを投げたら、どういう訳かバレンティンが失笑するじゃないですか?
その直後、ソーサが投げたボールがバレンティンの頭の上を通過。え?????労せず1塁ランナーは2塁へ。
それによりスコアリングポジションにランナーが行ったのでバレンティンは敬遠、これ怖いのがサヨナラのランナーが出たという事です。そして1死1,2塁、打者畠山、簡単に2ストライクまで追い込んで、ストライクは、いらない状況で小さく曲がったスライダーをライトフライで2死1,3塁。
さぁここで宮本登場、初球を叩いてライト前???と思ったらファールでした。その後、2ストライクまで簡単に追い込んだのですがファールを4つ程粘られ、簡単にアウトになりません。ストレートも150を超えているのに簡単にファールを打ちます。8球目に投じたストレート、打球はセンターへ、そこには石川が予めポジションを移動していたみたいでセカンドベースを踏んで無事終了。

終始ヤクルトペースでしたが、かろうじて勝ちました。最後の1イニングは心臓が鳴りっぱなしでした。
どうだったんだろう?あのバレンティンに投げたソーサの1球って?何かあったのか?
結果的に勝負しなくてよかったですけど不可解な一球でしたね。

あとソーサがどこかで見た事がある?昔、横浜の選手にいた選手と被ると思ったら、そうあの選手でした。

ホワイトサイドです。球はむちゃくちゃ速かったんですけど、球種がなくいつも打たれていましたね。

これ、山口も含め万全とまでは行かない状態です。先手を打って置くことも必要になってくるかもしれません。

先発といい課題が山積です。球団は動いてるんやろか?

にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
応援よろしくお願いします
スポンサーサイト
 | HOME |  Next »