FC2ブログ

いざ日本一へ DeNAベイスターズ

横浜ベイスターズへの日々感じた事への独り言です。相互リンク歓迎です。

指定期間 の記事一覧

ドラフトの感想

2011.10.28 (Fri)
いや~悪くはなかったんじゃないかな?ここ数年、ドラフトである程度実績を残しましたからね。
昨年は大原、荒波、須田や加賀美も一応は勝ち星を挙げ更に福山も中継ぎとして将来性を感じさせました。
おまけに小林もいますからね。
そして一昨年は筒香や加賀、そして育成枠で獲得した国吉もいますからね。
今年は当たり年の翌年という事で即戦力を敢えて外したという事でしょうか?
ぶっちぎりの最下位で即戦力を敢えてとらないと非難を浴びる事は明らかですが、中途半端な選手を獲得するより可能性のある選手を獲得した方がいいと思うんですよ。
たとえば、ここ数年活躍した大学生って、あまりいないでしょう。
大石だって1勝もしなかったですし、斎藤だって6勝止まりでしたからね。
特に横浜は即戦力左腕を無理に獲得しつづけてどれだけ失敗したか。
まぁ、それだけ大学のレベルが下がってるって事じゃないかな?
1位で北方は高校生ビッグ3で、素材は文句なし、そして2位の高城は高校生NO1捕手、そして3,4位で不足している右打者、そして内野手の渡辺、桑原、5位は俊足乙坂、6位は国吉タイプのハーフの佐村。
でもって7位で村田が抜ける内野手で社会人の内野手松井、8位でようやく左腕で地元の古村、9位は148キロ右腕、伊藤、そして育成枠で150キロ右腕の富田と捕手、西森。
投手、捕手、内野手、外野手、左腕、バランスはよかったと思いますよ。
特徴のある選手ばかりなので、なんとなく活躍しそうな気がするんですけどね。
あとは他球団を自由契約になった選手をトライアウトで取るんじゃないかな?
GG佐藤なんか獲得するような気がするんですけど、そして右打者なのでしないといけないんですよね。
今回のドラフト、これ3年したら成功だったとわかる時が来ると思うんですけど。
スポンサーサイト



 | HOME |  Next »